爺ちゃんとお話し
今日は、かい君とおばあちゃんはお出かけで、私とお爺ちゃんはお留守番です。

「フク、フクー、フクー」

「なあーに おじいちゃん」

爺 何?-12

今日はフクがこの家にきたときのことと、フクのおかあさんについてお話ししてあげるよ。

フクがこのうちにきたのは、生まれて3か月に満たない、小さいころでした。

ああそうだ。かすかに覚えている。犬舎から小さなかわいい箱に入れられてこのうちにきたのを覚えているし、
冬だったので大変寒かったのも覚えている。

大変上品な娘犬で、性格もおとなしかったので、ワンワン吠えることもなかった。
爺ちゃんは、この犬 吠えることを知らないのではないかと心配したこともあった。
「お座り」、「待て」からはじまり、しつけ教室で習ったことは全部できるようになったね。

それからお爺ちゃん、お婆ちゃんのいうことをきいて、一人前のしつけもできた立派な犬になった思うよ。

今度はフクのお父さん、お母さんについて話してあげよう。

お母さの名前は 「夢花姫号」 といい、 お父さんの名前は 「春宝号」 というんだよ。
そして生まれたフクの犬名は「汐風姫号」と名付けられたんだよ。
今ころどこでどうしているかな?

フクの誕生日は平成26年9月11日で、お母さんが若いとき(一歳未満)に生まれたんだよ。
ここにフクの「日本犬保存会登録書」もあり、フクもそれに登録されているんだよ。

ヘエー そうなんだ。
そろそろわたしもこのうちにきて2年立つけど、私のお父さん、お母さんのことわすれてた。



でもね、お父さん、お母さんは今のフクの成長した姿を見たらきっと喜ぶと思うよ。
私ももう年ごろだし、早く立派なお婿さんに出会えるといいな。(お婿さん募集中!!!!!。)




爺ちゃんとお話し-20

ありがとうおじいちゃん。
わかったよ。それはそうとさ、、、ちょっとおねだりなんだけど・・・・・・・・・・・
今日のおやつ 少し多めにしてもらえない?。 ほんのちょっとでいいからさ。

おばあちゃんにないしょだぞ。

わかった。たのむね。

えへへへへ・・・・・・・・・・・・

えへへへ!!!!-20-60




-25.jpg



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック