FC2ブログ
FN1242A タンデム基板作製奮闘記 17
Tandem基板の出力インターフェース(2)

FN1242A Tandem基板のAF出力は”電圧”として出力されます。
従ってこれに続くインターフェイスも”電圧”の扱いをしなければなりません。
これに対して電流出力DACはAF出力は”電流”ですので後段のインターフェースは違ってきます。

DACからの出力をトランスで受けます。このトランスで差動合成、LPF、インピーダンス変換の動作をおこないますが、この時のトランス入力インピーダンスは10KΩ以上とします。この理由は、DAC の出力インピーダンスより高抵抗で受けた方がDAC の動作に悪影響を与えないためです(DACにとって出力の電流的負荷が軽いほうが、より理想的な動作が期待できます)。パワー・ロスを最小にするための伝送では、パワー・マッチ(インピーダンス・マッチングと呼ばれているように、各ユニットの入出力インピーダンスを50Ω、75Ω、300Ωなどに統一にして、伝送路反射を最小にする)の方法が、また、通信路回線ではNF マッチ(受信総合雑音指数(NF)を最小にする)などの方法がとられますが、オーディオ領域では、音質の鮮度、良好なS/N比の確保等のため、数あるユニットを縦続に接続するときは、低インピーダンス出力、高インピーダンス受けが一般的です。この方法は出力端のインピーダンスが低くなるので、次段に接続される機器の入力インピーダンスに本体が影響を受けにくいこと、信号引き回しラインが多少長くなっても外来ノイズなどの環境に対しても有利なことなどの理由です。そして、Audio機器内配線では聴感上もっとも好ましいマッチング・インピーダンスを選択します。
ここで使用するTrans は前に挙げた各種Trans が使用できますが、ファインメットのLine Trans. TLT0615はこの用途にピッタシです。1次DAC受けインピーダンスを15KΩとして使用すると、都合よいことに2次側出力インピーダンスは 600Ωになりますので、直接XLRなどのBalance端子に出力できます。 トランスからRCA、 XLR に直接出力する場合を下図に示します。
(参考までに、DAC からの出力アイソレーション抵抗は、FN1242Aデータ・シートでは10KΩ、半導体計測屋さんのBlogでは1KΩが、また、お気楽さんFujiwaraさんのDACでは7.5KΩの抵抗が散見されます。この抵抗は信号経路に直列に入るため、抵抗値は小さいほうが望ましいです。あまり大きくすると、S/Nの低下、外部からの誘導などを受け易くなります。)

TLT0615を使用したとき、このようなTrans.接続(ステップダウン)では、出力される電圧は理論上20%程度まで落ちますが、この後に続くBuffer AMPとの兼ね合いでこの損失以上の信号エネルギーが得られます。これについての詳細はAsoyajiさんの以下のBlogを参照してください。
      http://asoyaji.blogspot.jp/

以下に主な2つの参考インターフェース回路を提案いたします。なお、この二つの回路はL.P.F を付加すると、Trans. を介さず直接DAC出力に接続できます。しかし、Tandemの素晴らしさを十分に発揮するためには、Line Trans. を介した回路にすることをお勧めします。

画像2


1.MI-Take 半導体LME49600 Line AMP

BURR-BROWN社のAUDIO DIFFERENTIAL LINE RECEIVERS INA137と、National Semiconductor社のHigh Current Audio Buffer LME49600を使った非常にシンプルなラインアンプです。Balance入力で、Balance-Unbalance変換、インピーダンス変換、Signal Buffer をおこなう、大変うまく設計されたアンプです.。しかし、システムとしてこのユニットのために+-の電源を必要とするのが少し厄介です。
次に紹介する真空管Bufferと比べると入力インピーダンスが少し低いことが心配ですが、今回の使用例ではXLR Balance出力とRCA Unbalance出力の同時使用しない場合はこれで十分です。同時に使用する場合は、安全をみてこのアンプユニットの前にインピーダンス・バッファーを1段おくとよいでしょう。
何分にもトランス2次側のインピーダンスが低いためにインターフェースが簡単にできます。
なお、このアンプの電圧利得は1でVoltage Gainはありません。
LME49600 Line AMP-50





2.Broskie Cathode Follower 真空管アンプ

はじめにLineTrans.(TLT-0615) を使わず、直接FN1242A DACからの信号を、Balance-Unbalance 変換、Low Pass Filter、 インピーダンス変換を真空管1段で行うPush-Pull回路です。Broskie Cathode Follower と呼ばれる真空管アンプす。
高入力インピーダンスを保ったまま低ひずみで平衡ー不平衡の変換をします。.そしてなによりも高ダイナミックレンジ、高CMRRです。しかも出力インピーダンスは低い。
このように優れた特性をもっ ていますが、上記の半導体回路同様、専用の高圧電源を必要とするので製作は厄介です。しかし、今回のタンデムの出力インターフェースに使用した時それなりの高音質が得られます。
このBroskie Cathode Follower 真空管アンプについては海外のサイトでよく見かけます。



Broskie Cathode Follower-50





次に挙げるのは、Line Trans. と組み合わせた例です。
FN1242A DAC からの信号を受け、LineTrans.で は Low Pass Filter、差動合成、 インピーダンス変換を行い、次段のBroskie Cathode Follower では Low Distotion で Balance-Unbalance の変換を行い、低インピーダンスで出力します。上と比べると、トランスのコストはかかりますが、音質は素晴らしいものです。
Broskie cathode follower-50
(注1)XLRコネクタのピン番号は接続機器によって変更する。
(注2) 真空管は 6SN7GTB、12BH7A、 6N6P などの双3極管が使用可能(カソード電流が8~10mAくらいになるように使用球によってカソード抵抗を変更する)。
(注3)Line Trans. (TLT-0615)の2次側に付加する抵抗は、接続される負荷インピーダンスによって最適値があるので調整する。



1. MI-Take 半導体LME49600 Line AMPを使用した試作機の全体像を再掲載します。Tandem はAmanero とRas.PI に対応します。
Tandem からの信号をLine Trans. TLT-0615 で受け、MI-Take LME49600 Line AMP で出力します。
(ただし、ここでのXLR 出力はありません。また、電源部は参考です。)
全体像ー60


2. Line Trans TLT-0615 とBroskie Cathode Follower 真空管(12BH7A)アンプ を組み合わせたインターフェース試作機。
Interface 表-20
シャーシー表

Interface 裏-20
シャーシー裏

コメント
Re: タイトルなし
> こんにちは、ネット検索してたどり着きました。
>
> ファインメットトランスに大変興味があるのですが、単独で使用するよりも、回路を組んだ方がよいのでしょうか?
>
> TLT-1010とTLT0615とでは、どちらが音質的によいでしょうか?

通りすがり さん

Kameです

ご質問の本題に入る前に、返答が大変遅くなりました事を深くお詫びいたします。
この種のトランス数種の検証に手間取って遅くなりました。申し訳ありませんでした。

第一の質問の結論からいいますと、視聴システムによりますが、私のシステムでは Blogのように Broskie Cathode Follower Amp は欠かせません。これを入れないとタンデムのきれいさはありますが、音の線が繊細すぎます。タンデムの良さを十分堪能するためには是非システムの中に組み入れることをお勧めします。
私の懸案だった、琴の弦を弾く繊細で後に残る余韻、オペラ歌手のホールに響き渡る肉声、そしてチェロの図太い音色など見事です。そしてなによりも聴いていてとても気持ちがいいのです。

ここまでたどり着くまで大いに回り道でした。多くを失敗してやっとここまで辿り着いたところです。失敗談など多くありますが、機会をみて UP します。尚、この評価には数人のオーディオマニアの方の協力をいただきました。お礼申しあげます。

次に二番目の質問ですが、この2つのトランスの仕様、目的は異なります。
TLT-1010は巻き線比1:1で、いわば一次、二次の信号をアイソレートすることが大きな目的のようです。また、インピーダンスの変換作用はありませんので、Blog のような真空管 Buffer で信号を受ける場合は、FN1242A の出力端から見たインピーダンスはこの DAC が電圧出力であるためほぼ無限大です。このような時には FN1242A DAC は本来の大変素晴らしい能力を発揮します。

それに対して TLT0615は FN1242A に特化したライントランスのようです。この場合一次と二次インピーダンス比が大きいので、このトランスから信号を受ける回路の入力インピーダンスはある程度自由度があります。半導体Buffer AMP などで信号を受ける時にはこちらが向いています。

音質面でこれら両者を比較したとき、インピーダンス管理さえすれば、ほぼ同じです。ただし、視聴して頂いた方の意見では、TLT1010 の方が多少音に対して肉付がよく、ふくよかな感じがするとの意見がありましたが、私の好みはTLT0615の音が好きです。
この違いは本当に微妙です。
またコアサイズの違いによる Dynamic Range , ひずみ感などはまったく感じられません。

以上がこの件に関しての私見です。大変長くなりましたが、参考にして頂けたら幸いです。


2015/06/10(Wed) 14:11 | URL | kame005 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック