FC2ブログ
FN1242A タンデム基板作製奮闘記 10
NB3N2302-50.jpg

MCLK PLLてい倍回路

Amanero, Raspberry からのMCLK信号をNB3B3202(またはICS512)を使ってPLLで4, 8てい倍する回路基板です。
NB3N2302, ICS512 ICチップをSOP8の変換基板に載せ、ワイヤー配線で組み立てます。
難しい回路ではないので、この方法で十分安定です。


重要な変更です。半導体計測屋さんのスクリプトイメージファイル(volumio 1.51 FS_LED対応)を使用するために、次のように配線を変更するとそのまま使用できます。

  Raspberry PI B+からのFS0とFS2の信号線を入れ替える。FS1は変更ナシ。
  即ち、タンデムマスター基板コネクタJCCN1の14ピンと、18ピンを入れ替える。
                        MCLK PLL 逓倍回路
      MCLK PLLてい倍回路-37 
      Raspberry PI TypeB 用(左)と、 Raspberry Pi typeB+用(右)



図1-40


       完成したユニット-35


コメント
TANDEM基板記事ありがとうございます
TANDEM基板関連の記事 再掲載ありがとうございます。
楽しみに読ませてもらいます。
2014/12/16(Tue) 18:51 | URL | komotan | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック