FC2ブログ
妄想にふけっています。その後。
ご意見ありがとうございました。

先の記事での反響の多さに、いささか驚いています。柏崎のこれからについて、こんなにも多くの方に関心をもって頂いたことは大変嬉しく思っています。
メールでのご質問、コメントが多数でしたが、ご返答できなかった方には大変申し訳なく、お詫びいたします。
また、これまで思っていたことを話題にしたもので、かん違い、記憶違いなどあったことについてもお詫びいたします。

お寄せ頂いたご意見のなかで、多かったのはやはり原発関連、柏崎の行く末についてのコメントでした。原発の再稼働うんぬんというものではなく、これまでの原発財源の使われ方を問題視するご意見が多かったです。

現在の原発財源に群がり、箱物を作り続ける土木建設業者のみが、雨後のタケノコのようにニョキニョキと頭角を現し、その他の産業は柏崎から撤退していく状況は異常としか思われません・・・・・・・・・・・・・のようなご意見もいただきました。
「柏崎にはこれしかないのか・・・???」という意見もきこえてきそうです。これからの柏崎を考えた時、市議会の足元を揺るがす大きな問題なのですが、S市長のこの点についての考え方については全く聞こえてきません。そして、これまでのような原発財源に群がって箱物ばかり作り続けてきた議員さんたちの認識の矛先を変えて戴くことがが必要です。

いずれにしても、若者の雇用の場の確保、夢将来性のある職種には何があるか?、その職種をどのようなものにするか、確保をどのようにするかを考えて、そして、早急に実現していく必要があります。

少し前に発刊された「柏崎エネルギービジョン」なる冊子の内容を見ても具体的に何をこれからやろうとしているのか、先のない計画にしかみえません。また、最近S市長が公言する「水素エネルギー」にしてみても、前に新潟市の朱鷺メッセで開催された「水素エネルギー展」の塗り替えのような計画に見えてしまいます。
「水素エネルギー?」、「水素製造?」で何をするのか? この先がわからないことばかりです。

これからも「柏崎の未来」について、皆で真剣に考えていきたいものです。





コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック