Raspi その後
     Pi.DAC AK4493

DAC 基板の製作
先回のRaspberry Pi にPiSRC4137基板を組合わせたものに、今回は、PiDAC AK4493を組合わせてVolumioを再生してみました。

パーツ取り付け前の基板。Ras.PI3基板より一回り大きいサイズです。
AK4493 DAC

全ての部品実装の終わったAK4493 DAC基板
0682-1.jpg


先日完成したPiSRC基板のI2Sポートから出力される、PCM信号の確認をします。
それには、この小さなDAC基板でテストしました。テストはPCMだけですが、PCMが出力されていれば、DSDもよしとします。
PiSRC2.jpg


完成したAK4493 DAC基板を、Ras.Pi基板、PiSRC基板の上に子亀、孫亀状態で3段に重ね合わせます。
AK4493 2-DAC

斜め下から
0688.jpg

裏から
0686.jpg

これで全て終了。Volumioからの44.1KHzを、384KHzに変換しています。今までよりもより信号が滑らかになったような気がしますが・・・?。



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック