FC2ブログ
子供たちの住居
新しい住居が完成しました。

大きさは、間口1.6m 奥行き1m 高さ0.9m くらいです。

この広さを約半分に仕切って、正面向かって左が子供たちの遊びの部屋、右が寝床です。
そのため、左の部屋は、3面縦格子で、格子の外側に緑の金網を貼ってもらいました。
また、右側の寝室部分は、扉部分を除いて、コンパネを貼って、扉を閉じれば真っ暗です。

入口は左遊び部屋からと、右寝室の扉を持ち上げても出入りできます。この寝室の大きな扉は小屋内部掃除のための扉です。

床は冬の寒さ、梅雨時期の湿気対策として、3重構造とし、しかも、GLから30cm持ち上げた高床です。
一番下に9mmの耐水ベニヤ板を貼り、その上に30mmの発泡スチロール断熱板、それから12mmのコンパネボードです。
おじいちゃんがその中に入って作業してもびくともしない丈夫な床になりました。
また、この小屋は、ポーチの掃き出し濡れ縁に連続した状態で設置するため、小屋床天板の高さを、本屋住居の居間の床に合わせました。これは、おじいちゃん、おばあちゃんの生活空間と、私たち親子の生活空間をすこしでも近づけるためのおじいちゃんの配慮です。


小屋-30
やや正面からの全景です。一番汚れの酷い寝室をきれいに掃除するために、このような大きな扉にしてもらいました。


小屋2-20
正面左の遊び部屋からの入口ドア付近です。通路を挟んで、手前が私の寝る寝室ケージです。

小屋3-20
右斜めからの小屋の全景です。大きな寝室の扉があります。
冬の寒さ対策、夏の暑さ対策、梅雨時の湿気対策のため、小屋全体を、ブロックで持ち上げてあります。
大きく空いたこの小屋の床下は、夏場は涼しそうです。(夏は私の憩いの場所になりそうです。皆に内緒で、秘密の場所です。)
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック