ゲンジともお別れ
ゲンジを送って長野県松川村に行ってきました。

昨日までゲンジとよく遊びましたが、今日でお別れです。
j自宅から、高速道路や、国道を4時間かけて、やっとゲンジの故郷になる松川村につきました。
H様宅に到着して、随分長い長い間、おじいちゃんはHさんと何やら話していました。
ゲンジと私はここの家の芝生で、最後の遊びをしました。取っ組合いになったり、大変楽しかったです。

おじいちゃん、おばあちゃんはここで広い畑を持っています。ゲンジとお別れしてから、この畑の草刈りのお仕事をしてきました。
私は木陰で昼寝です。

出発前に、いつものようにゲンジと遊びました。
ゲンジも最近大きくなり、遊びでは私が負けそうになることもあります。でも相変わらず甘えん坊で、寂しがり屋です。とてもかわいいです。
S4-25.jpg


ゲンジが一人さみしそう。出発まえ小屋の中でしょんぼりしていました。
gennji.jpg


さあ、出発です。私とゲンジは後ろの座席に並んで、座っています。
ゲンジと1-25


長野県の松川につきました、
広い草原です。ここで私たちは一休みです。お水を飲んだり、オヤツをたべました。おじいちゃん、おばあちゃんは草刈りの準備です。
夕方ここのHさん宅にゲンジを送っていきました。
S2-18.jpg

S3-18.jpg



2回目のワクチン注射
今日25日は、ゲンジの2回目のワクチンと、私のフェラリアの予防注射の日です。

私は後部座席に、ゲンジはおじいちゃんにダッコされて、おばあちゃんは運転手です。

午前中10時半ころ病院にいきました。今日の病院内は大変な混みようで、大勢のワンコたちがいました。
ゲンジのワクチンだけでなく、私も犬フェラリアの検査と予防注射をしてもらいました。
今日の私の注射は、いつもと違うところに注射されたので、大変痛かったです。

帰って来てからいつもと同じようにおじいちゃんからオヤツを貰い、庭中カケッコして遊びました。
ゲンジはまだリードを付けていないので、好きなところにいけますが、私は付けているので、好きなところへはいけません。
ゲンジが羨ましいです。

でも来週おじいちゃん、おばあちゃんと私と3人で、ゲンジを長野県の松川村に送っていきます。
ゲンジの第2の故郷になる所です。
また寂しくなりますが、ほかの兄弟と同じように立派なワン公になってくれるでしょう。

ゲンジと遊び-30
私とじゃれ合っているところです。

ゲンジ-30
ゲンジもこんなに大きくなりました。体重も3.5kgをこえました。
833A SE AMP
長年の念願だったアンプが我が家に到着しました。

U氏に設計、製作をお願いしていた 833A SE AMP の片CH 分が晴れて我が家に到着しました。
これまで長く働いてくれた 211 SE AMP と交代です。

JBL Hartsfield をメインとしたシステムに組み込まれることになります。

s3-50-30.jpg

電源部、アンプ部の2つに分かれた其々のユニット。これで片CH 分です。
s2-50-30.jpg



オーディオクラフト
「富山クラフトオーディオクラブ 第31回試聴会」に行ってきました。

今回で31回になりますが、クラフトオーディオの試聴会が、魚津市新川文化ホールで開催されました。
富山県内外から、数点の技術発表がありましたが、私のお目当ては真空管オーディオアンプです。

皆様其々工夫を凝らしたスバラシイ作品発表でした。
この中の一つの作品 「833A SE AMP」の会場での試聴が今回の目的です。

このアンプは私が手始めに考えたものですが、技術不足のため計画倒れになったもので、大阪のN氏を介して名古屋のU氏に再設計・製作をお願いしていたものです。
U氏曰く、まだ完全ではなく、改良する余地があるので ・・・・・・ でした。それで今回は片方のCHのアンプのみ私が持ち帰ることになりました。

よくも まあ~ これまでまとめられたな~ と感心することしきり、です。U氏にお礼もうしあげます。

発表会の音は、私にとって申し分のないものでした。
重心の低い低音に支えられた、中高音域の美しさは、これまで様々な機会で試聴した送信管アンプとは一味異なるものでした。
妙なきらびやかさのない、余裕のある鳴りっぷりは、しっとり聞かせるジャズ、クラシックなどには大変マッチしているようでした。

今後しばらくの間ステレオで両CHとは行きませんか、片CHのみですが、その存在感などを楽しんでいきたいと思います。

toyama3-25.jpg
発表前、各発表者機器のセッテング、調整に余念ありません。


toyama2-28.jpg発表者の講演 製作作品のデモンストレーション

会談-18
発表後、U氏とM会長は技術的な相談をしています。



          今日もゲンジと楽しく遊びました。

ゲンジの成長ぶりにはビックリです。毎日一緒にいますが、昨日より今日の方が大きくなっていくのが目に見えて分かるほどです。
食事もよくたべます。朝夕の食事は、このちぃっちゃな身体で私と同じくらい食べます。ちょっと食べ過ぎです。

私はペットボトルを使った遊びが大好きです。ゲンジも大好きらしく、半日中私と一緒にペットボトルであそびました。
時々おじいちゃんも仲間になってくれました。


ゲンジと-25
”いい匂いがします。” 「 スペアリブかな?。ここでおじいちゃんがスペアリブの骨をハンマーで叩いていたんだ。」

ゲンジと二人1-20
ゲンジの蹴ったペットボトルは、どこにいったのだろう?。
気をつけたいこと
・・・・・・・・・・・・・・  おじいちゃんより  ・・・・・・・・・・・・・・・・

これまで私が母犬 ”フク” を育ててきた中で、特に気を付けてきたことを、私の忘備録としてまとめてみました。


1. 半年過ぎるまでは、半日以上の留守番をさせない。
この理由は多くありますが、要は飼い主との硬い絆を確立するために、一分一秒でも多くの時間飼い主と接する時間をもつということです。
犬はしたことをすぐ30分もすれば忘れてしまいます。飼い主との信頼関係を幼犬のうちに築くことが必要です。
これがない犬が大変多く、人をみればワンワン吠え立てる犬がいますが、これは飼い主との信頼関係がなく、絶えず一人ぼっちで恐怖感から吠えているのです。

2. 自動車での移動時
自動車に乗せるとき、夏、冬の空調をきかせてた状態でも助手席側、運転席側とも窓を1/3くらい解放して空気の流通を確保してください。
犬は空気の淀むことを嫌います。この淀んだ状態が続くと確実に車酔いしてしまいます。寒い冬でも車の助手席側の窓から顔をだして乗っている犬を見かけますが、犬はこうしてほしいのです。

3. 食べものについて(日本犬“柴”の場合、この項目は重要です)。
①  普段の食事は、市販のドッグフードだけに頼る習慣は危険です。
市販のものは油分が多く、いろいろのものが混入されているため、すぐ酸化してしまいます。手間がかかりますが、少量づつ購入し、これを一日に1食位にしてください。
後の2から3食は、めんどうでも自家製の、いろいろの野菜、脂分の少ないひき肉などにご飯を入れた雑炊を与えられれば最高です。(この時、調味料の、みそ、しょうゆ、塩などは入れず、味なしで材料そのものの味だけにしてください。)
②  食べさせて欲しい食べ物
人間が食べるくらいの良質のたんぱく質の多い肉類、青魚と新鮮な野菜。
ブタ、子牛などの市販の骨。(骨の中の骨髄を喜んでたべますが、硬いのでハンマーで砕いて与えてください。骨髄は大変栄養価の高い食べ物です。ただし、ニワトリなどの鳥類の骨は、食べると胃のなかで消化されて細かい針状の繊維に分解されます。これが、消化器内壁に刺さって消化不良を引き起こしますので、絶対ニワトリなどの骨は与えないようにすること。

③  絶対に食べさせてはいけないもの。
ネギ類・・・ナガネギ、タマネギなど。またこれを使用したたべもの。
    よくある例は、ハンバーグやソーセージを食べて中毒を起こす例で、最悪の時は死亡することがあります。(外国犬はこれをたべても平気なものもいます。) 人間の食べる食品の中にこれらが含まれる場合があります。

ブドウ、干しブドウ・・・日本犬の場合、これを食べると血液中の赤血球を破壊してしまいます。ブドウパン、ジュースなどはつい与えてしまいがちですので、注意が必要です。他の人間の食べる果物は良いと思います。

また、貝類、イカ、タコ、カニなども中毒を起こすことが報告されていますので、注意が必要です。

4.散歩について
犬にとって、「散歩に出る」ことはとても楽しい時です。
出来れば朝と夕方2回が望ましいのですが、どちらかでもいいと思います。

道路わきを歩かせることになりますが、その時道路のアスファルトの表面の温度に注意してください。特に夏は夜8時をすぎても30度以下に下がらないこともあります。人間にとっては涼しくなったと思っても、犬にとっては灼熱地獄です。犬は暑いのが大嫌いです。
散歩に出る前に十分注意したいことです。


この散歩で注意して戴きたいこと ・・・・・ 大事なことは、
”ただリードを引いて歩くのではなく”、歩く時はリードを少し短くして、絶えず犬に話しかけながら歩くことを心がけてください。
こちらの言葉は分かりませんが、犬にとって、自分に話しているということが分かるようになれば、飼い主さんとの気持ちがより身近になり、飼い主にとっては犬が泣くいたり、吠えたりする行動が何を言いたがっているのかが分かるようになり、犬の気持ちが分かるようになります。
”飼い主の気持ちが分からない犬、犬の気持ちの分からない飼い主は失格です”との格言を思いだしてください。
これは人の子供を育てることと同じです。

絶対に自転車などに乗って、リードを引くような行動は避けてください。、
  
 
別れ
        今日はとっても悲しい日でした。

今日5頭の子供たちが里子に出るため、各々の里親さんたちが我が家にきました。

里親さんたちとの初対面です。
wakareno-12.jpg

今日は6頭の子供の内、5頭と別れ別れにならなければならない日です。
里子に出る子供たちはもちろん、私も同じように朝から別れが辛くて、落ち着きません。

昨日の午後宮城県塩釜から里親になって下さるKさんが我が家に顔をみせにきてくださいました。
塩釜のお寺の尼さんです。大変品のよい方で、ショウジも喜んでついて行ってくれるでしょう。
そして、今日午前中ショウジを迎えにきました。
宮城までは随分遠いので、また、日暮れまでに到着帰宅したいので、他の5頭の子供たちより一足早くお別れです。10時ころ我が家を出発していきました。

11時半ころ、他の里親さんが次々に我が家に到着されました、
6頭のこどもたちの行先は、、

マミ: 新潟県阿賀野市山倉の H さん宅へ。
クロ: 富山市水橋高寺の D さん宅へ。
ショウイチ: 富山県砺波市荘川町の M さん宅へ。
ショウジ: 宮城県塩釜市の K さん宅へ。
ゲンイチ: 新潟県長岡市青葉台の I さん宅へ。
ゲンジ: 長野県松川村の H さん宅へ。
   (ゲンジは都合により、もう少しの間我が家にいて、里子にいきます。)

です。

皆様我が家につくなり、それぞれの里子たちと面会です。子供たちはいつも通り庭で元気よく遊んでいますが、里親さんたちは初対面で、我が子を探すのに四苦八苦していたようでした。でも最後には自分の里子をみつけてダッコして満足していたようでした。
ゲンジはおじいちゃんにダッコせれてご満悦でした。




皆里親さん宅で、元気でいい子になってくれることと思います。
いつかおじちゃんにお願いしてみんなを訪ねてみたいです。





wakare3-20.jpg
家の仏前で、また、子供たちのいる小屋の前で、昨日は菩提寺の御前さまから、子犬たちの旅立ちのお祓い祈願をしていただきましたが、今日は同じ日蓮宗の塩釜の御前様に子供たちのお祓いとこれからの安全、健康祈願をしていただきました。この塩釜のお寺に、ショウジは里子として行くことになっています。


wakare3-35.jpg
クロ、ショウイチ、ゲンジは最後の別れとばかりにジャレッコ遊びをしていました。



wakare5-25.jpg
一番早く皆とお別れしていったショウジは大変な寂しがりやさんです。
これからお世話になる里親さん K さんに ”ナメナメ”のご挨拶です。

wakare4-20.jpg
別れの出発の時間になりました。これまで私たちをかわいがってくれた、おじいちゃんともお別れです。
おじいちゃんも涙を流してお別れしてくれました。おばあちゃんは悲しくて姿をみせませんでした。
今度本当に,おじいちゃん、おばあちゃんとみんなで塩釜にショウジに会いに行きたいな。


面会-12



別れ1-17
これが子供たちの里親さんたちです。
皆さん犬好きで、暖かい心の方たちです。みんな幸せになってくれることでしょう。
私も写真の片隅に入らせていただきました。

別れ3-15
ショウイチとも最後の別れです。
これから M さんの言うことをきいて、もっともっとお利口さんになるよう諭しました。

里親さん-15
おじいちゃん、おばあちゃんは子供たちの門出の祝いをしてくれました。
お祓いもしてもらいましたが、おばあちゃんの計らいで、皆さんに子供たちの旅立ちのお祝いをしてもらいました。
里親さんたちも皆さん揃ってお祝いしてくれました。

ゲンジと二人-20
皆いなくなって、大変寂しくなりました。私とゲンジだけの二人の夕食です。

おじいちゃんと-20
昨日までと同じように、二人だけでおじいちゃんからオヤツをもらいました。

夕方から無事到着との電話、メールが来て、子供たちは皆無事里親さんの自宅に着いたとおじいちゃんが私に教えてくれました。


遊び
今日も皆で庭に出て遊びました。

今日も天気がよく、朝ごはんもいっぱい食べたので、小屋から庭に出て遊びました。
庭中走り回ったあとは、それぞれ思いの場所で、何かをしはじめました。

遊び1-30
2つのグループに分かれてなにやら話しています。

asobi5-30.jpg
こちらのグループはそれぞれバラバラにな何か遊びを見つけたようです。

asobi6-30.jpg
”ウラジロ”の木の根本に何かおいしそうなものが埋もれているのかな?。皆集まって掘り起こすところを決めているようです。


asobi7-20.jpg
ゲンジとゲンイチは裏庭で気に入った遊び場所をみつけたようです。
古い植木鉢の台が朽ちています。これをかじったり、その下を掘り起こして、そこに住処を作るようです。
2頭話し合って作業をしています。

asobi4-30.jpg
ショウイチとショウジは、古い木の切り株の中にいるおいしそうな虫を見つけました。多分クワガタの幼虫でしょう。

asobi-15.jpg
今度はマミとショウイチは、おじいちゃんの大切にしている植木鉢から出ている切り株を噛みはじめました。
(おじちゃんに叱られるぞ~。)

asobi-20.jpg
ショウジが食べ残しのスペアリブをみつけました。 おいしそ ~ 、ぼくもほしいな ・・・ ゲンジ。


阻喪-50
ゲンイチが玄関前で遊びに夢中になっていて、阻喪をしてしまいました。
私に注意されています。

画像2-30
初めてクロが私に反抗してきました。ショウイチを叱ったのですが、彼に代わってクロが私には向ってきました。
他の皆も驚いて見ています。

遊び3-17
私がクロを諭しています。


4-30
それでも腹の虫の収まらないクロは、近くの枯れ木にかみつきはじめました。

もうすぐ2か月になります。
子供たちが生まれてから、間もなく2か月になります。


6頭子供たち全員は順調に成長してこんなに大きくなりました。この頃では私の言う事を効かない子もでてきて、食べ物を取り合ったり、兄弟ゲンカもすさましいです。一頭ずつの独立心も出てきました。私としてはとっても寂しいですが、そろそろ私を離れて、この子たち兄弟が離れ離れになっていくのも時間の問題でしょうか?。

もう私のおっぱいを要求する子はいません。歯も丈夫になりましたので、離乳食を通り越して、大人用フードです。
これ位大きくなれば食事では私も安心です。

先日この子供たちの里親募集をいたしました処、大変な反響がありました。おじいちゃん、おばあちゃん、そして、近所のおばあちゃんなどにも相談し合っていますが、まだ、里親さんは決まらないようです。

朝食が終って、一遊び終わった後はオヤツの時間です。
おじいちゃんがオヤツの入ったお皿を持ってくると、それまであちこちに散らばって遊んでいた子供たちは全員集合です。
一頭ずつおじいちゃんが、オヤツをくれます。私も貰います。

オヤツの時間-20


私のお家の庭のすぐ脇に、大きな県道があり、車の往来が激しいです。庭で食事が終わって、自由に遊びの時、子供たちが道路に飛び出して交通事故に遭わないように監視するのが大変です。おじいちゃん、おばあちゃんもこのことについては大変心配してくれます。