AK4495DM DAC基板
前回はAK4495DMの基板を製作しました。
今回は、そのDAC基板の周辺回路を検討し、基板のインターフェスを含めて完成します。

AK4495 DAC とトランス-30
この基板を使ってDACとして、PCからUSB経由で音楽ファイルを受け取り、アナログ出力することをやってみました。

全体の構想について
PC (MAC)からのDigital Sig.はUSB ケーブルより、XMOS DDIボードに入り、I2S信号に変換されて、やなさんAK4495DM DAC( Dual Mono )基板に入ります。ここからの差動電圧出力は、TLT1010 I/V トランスで差動合成されて、アナログ信号として出力されます。
完成したやなさんAK4495DM基板(チップはAK4495SEQ)
TLT1010  ファインメット I/V トランス
デジタル音量調整用Volume !0KΩ
AK4495 DAC 動作確認用LCD表示器と、マルチファンクション動作の時に必要となるロータリー・エンコーダー
平衡出力用XLRコネクタ、非平衡RCA コネクタ など


AK4495DAC-1-25.jpg
一枚のボード上にこれらのパーツを配置した様子。出力コネクタ XLR, RCA コネクタはアルミのL-型チャネルに取り付けてみた。USB DDI ボードは DIYINHK Xmos 384K 。
こんな感じでどうかな?。


AK4495DAC 完成-25
配置決定、配線の終了したボード。電源配給基板には将来のマルチファンクションのロータリーエンコーダーも配置してある。
なおこの時点では出力はRCAのみ。

DAC ウラ-25
やなさんAK4495 DAC 基板ウラ、FBビーズの取り付け。

dac-20.jpg
動作確認終了。無事音出しできました。

今回はAK4495 EQL より R, L 信号を直接取り出し、 TLT1010 で差動磁気合成をしてみました。
う~んこちらのほうが楽器一つ一つの分離が素晴らしく、音ににじみがずっと少ないく、気持ち良く聴けます。

これからの予定は、DDI ボードと DAC の間に JItter Cleaner を入れることを考えてみます。