露天風呂温泉旅行
雨飾高原温泉に行ってきました。

だいぶ気候も良くなってきて、無性に温泉に入りたくなってきましたので、露天風呂に入りにいくことにしました。
近くの妙高高原一帯には多くの露天風呂がありますが、今回は、妙高高原から笹ヶ峰キャンプ場を通り、乙見トンネルを越えて雨飾り温泉に通じる行程での旅行を計画してみました。

国道18号線の「笹ヶ峰」の標識を右折して、杉野沢部落にはいります。
ここから妙高国際スキー場、杉ノ原スキー場です。
部落を過ぎ、杉林の林間道路を抜け、妙高国際スキー場のゲレンデの中の道路を蛇行しながら登っていきます。眼下には野尻湖をはじめ上信越の山々、遠くに草津白根山、志賀高原、菅平なども望めます。
そして、また林間道路を走ると今度は遠望が開け、笹ヶ峰牧場が見えてきました。

この道路は笹ヶ峰に入るまでは、未舗装で道幅が大変狭く、斜度も急です。しかも牧場まで定期バスが運行していますので、途中バスとのすれ違いの時は、随分バックして、すれ違いの場所を確保しなければなりませんでした。

ここから妙高高原の笹ヶ峰から、乙見山峠(トンネル)を通って、小谷温泉に通じる道路は、トンネル内工事と、そこに通じる道路の土砂崩れ防止工事のため、この2年間通行止めになっていましたが、最近これが解除され通行出来るようになりました。

まだ少し紅葉には早かったですが、ここ妙高高原一帯は私の一番のお気に入りのスポットです。
大学1,2年生のころ、上越の大学に近いせいもあって、春の新緑から冬のスキーまで、一年中妙高高原に入り浸りの毎日でした。
笹ヶ峰牧場には、冬季間を除いて多数の牛の放牧が行われています。大変広大な草原が広がっています。
牧場があまりにも広いので、今回のように牧場の中の道路を車で通っただけでは、”お牛さん”の姿は見られませんでした。
素晴らしい遠望です。

やっと笹ヶ峰牧場に到着です。ここで一休みしました。
平日にもかかわらず、全国各地からの観光客で、駐車場もほとんど満杯になっていました。
笹ヶ峰-60


さあ出発です。これからが本番の峠越えです。
ここからまた未舗装の急な登りが続きます。振り返ると妙高の裏側まで見えてきました。また、遠く上信越の山々も望めました。
スライド2-60

道の途中、こんなおいしそうな、「山ぶどう」もありました。これらは山のケモノたちのごちそうです。
スライド1-60


乙見峠、乙見山トンネルです。
スライド3-60


トンネルを抜けて、峠の反対側に出ると、今度は北アルプスの山並みが見えてきました。すぐそこには、私も以前何回か登った”雨飾山”がみえました。
トンネル外-20

3-70

ここからは今度は急な下りです。笹ヶ峰の登りから、未舗装のジャリ道が続きましたが、もう少し下ると、舗装されたきれいな道路です。長く、曲がりくねった下り道を過ぎると、小谷温泉の雨飾荘が見えてきました。
ここから今来た道を振り返ってみると、遥か山の上の方にトンネルに通じる道がみえます。

       あんなに上の道を通ってきたんだ~!!。

やっと雨飾荘温泉宿前の広場にでました。
2


ここまでくると今回の目的だった露天風呂が待っていました。
露天風呂-2
妙高高原の温泉も素晴らしいのですが、ここの雨飾温泉の露天風呂がなぜか一番気に入っています。
温泉宿の温泉もいいのですが、このかけ流し露天風呂は深いブナ林に囲まれて何となく心和みます。

今日この風呂は私一人で貸し切りです。ゆっくりと温泉に浸ってきました。
近くに繋がれた愛犬フクも温泉に入りたいのか、クンクンないていました。

あまりにも気持ちがよかったので、車に着くなり、急に寝むけをもようしてきました。
後は家内に運転を任して、車中ぐっすり眠ってしまいました。





散歩途中での早朝の畑の様子です。
今朝も早朝4時半すぎに、フクを連れて早朝の散歩に出かけました。
一時期より日の出が遅くなって、この時間ではまだうす暗いです。

でも早朝だけあって、空気は冷たく、大変涼しい気温で、この時間帯の散歩は大変気持がいいです。

いつも散歩の途中で我が家の家庭菜園の畑に立ち寄ります。今日はこの中のいくつかを画像にしてみました。

今年もいろいろなものを一通り作付していますが、近所の皆さまのようにうまくできません。

栽培しているものは、
キュウリ、トマト、なす(3種類あります)、十六ささぎ(30cmにもなる細長い豆です)、さといも、ズイキ(サトイモと同じようですが、これは主に地下茎のイモより、地上部の茎を食べます。仏教語でいうズイキとは違います)、メロン(各種)、スイカ(2種類)、エダマメ、ピーナッツ、あと菜っ葉類数種です。

あと、果物の苗木も数種が植わっていますが、管理が悪いのか、柿(富ゆう)以外は実がつきません。

今日紹介するのはこの中でよくできたと思うものを選んで画像にしてみました。

畑の中-12
 畑の中の様子です。
まるでヤブのようにいろいろな野菜が植えてあります。


とまと-12
トマトです。
この日照りの中、毎朝収穫カゴに半分くらい熟します。おかげで朝食はトマト、ナス、キュウリ、レタス、キャベツなど野菜三昧で、バッタかキリギリスになったようです。


八石(ハチコク)ナス-20
 ナスも3種類作っていますが、ここで紹介するのは、「ハチコクナス」と呼ばれている、当地方のナスです。
皮が柔らかく、水分が多く、渋みが少ないのが特徴で、この地では以前から「漬けナス」として栽培されてきた種類です。


エゴマとアオジソ-15
 エゴマとアオジソです。
株が一緒になりましたが、左半分がエゴマ、右半分がアオジソです。
ほかのところにはアカジソも生えています。


カボチャ-20
  これはなんでしょう?。

実はこれ、ラグビーボールのような形のカボチャです。
大変おいしくて我が家では、これと「坊ちゃんカボチャ」の2種類を作っています。
このカボチャでつくった”カボチャコロッケ”は最高です。

このラグビーボール・カボチャがウメの木を覆いつくして、まるでウメの木にラグビーカボチャがなっているようです。


妙高のTさん宅へ
昨日、妙高市のTさん宅へいってきました

大阪からお客さんが来るから、一緒にお話しないか? とのお誘いに甘えてTさん宅にいってきました。
Tさん宅には一か月に一度くらいの頻度でお伺いしていますが、このたびはtackbonさん、skyさん、それに女性の方(名前を忘れてしまいました。ごめんなさい。)にお会いできることと、Tさんが最近製作された「差動型TVC」の試聴が目的です。

私のダメ耳でも、部屋に入って、一聴して今までの通常版TVC (Single-End 型) との違いが分かりました。それ程通常版TVCとの違いです。これまで私の聞いた Pre-Amp 全てとは次元が違います。これは隠れたクリーンヒット商品になりそうです。
私もこれまでファインメットの通常版TVC を使ってきましたが、またまた次の計画が湧いてきました。

DAC から Main-Amp まで全部差動にしたら ・・・・・・・・・・ ?。 こんな計画実現するのだろうか?。


tackbon さん、 Sky さん 面白いお話ありがとうございました。特に Sky さんのジェットコースターの話 大変おもしろかったです。
いつかまたお会いできる日を楽しみにしています。

(今日は画像はありません。 商品の詳細については、
http://samizuacoustics.com/ :「ファインメット®ワールド」の最上段コラム「番外編」を参照してください。)
 


初夏の庭
今回は少し視線を変えて、こんなものを紹介します。

まだ梅雨明けではありませんが、連日の暑さにセミもジージー鳴きはじめ、もうすっかり真夏であるような感じです。
我が家の流れ沿いの水辺に咲いている花々と、去年から実をつけるようになったヤマモモの画像をUPします。

ユリ-30

ハスとスイレンの競演-40


ヤマモモの実-40
去年初めて実をつけるようになって、今年もたわわに実をつけたヤマモモです。本来は暖冬の地に育つ木です。関西の知人が我が家に来られた時、おみやげに頂いた木です。