FC2ブログ
”ぶどう”がいっぱい
     無選別ぶどう 数kg ? 

ぶどう


いつもお世話になっている近所の大農さんから譲ってもらいました。
大きなハウスの中には、ぶどうがいっぱい熟していました。このうちから無作為に、発泡スチロールの箱いっぱいのぶどうを分けてもらいました。
巨峰、マスカット、分からない種類の、3種類のぶどう ごちゃ混ぜにして ?kg以上ありました。

こんなにいっぱい食べれるのかな?。これで当分の間毎日惜しげもなく食べれます。
”ぶどう”は私たち家族が大好きな果物です。

大農さん 有難うございました。

テスト 1
     USB DDI - DA9211 接続テスト

今日はTEST 2:
 DIYINHK U-208 DDI ボードと、DAI9211 Multi Input DAI の Intrface TEST
(DAI9211 Multi Input DAI の PCM 出力端子に、簡易 D/A にボードを接続して、アナログ出力を確認する。)

DAI9211.jpg
この実験 失敗!!!。 ガ~ン!!!。

この様な結線具合ですが、D/Aからの信号は得られませんでした。
どこか設定の間違いか、 DAI9211 ボードのハンダ付け不良です。

明日から気を取り直して、点検です。

マムシに遭遇
庭掃除で赤マムシの子供に遭遇

赤マムシ

秋分の日、お彼岸の中日ももうすぐです。
我が家の庭もこの夏の強い日差しで葉焼けした落ち葉で汚れが目立ってきましたので、庭掃除を始めました。
玄関先に立つ大きなサルスベリの落ち葉が特に目立ちます。

掃除も大分すすんだころ、落ち葉に紛れ込んでゴソゴソと動いている一匹のヘビを見つけました。
始めシマヘビかと思って手を出したところ、私に飛びかかってきました。よく見るといつも見ているシマヘビとは違うことが直ぐわかりました。マムシの子供です。それもこの辺の野山で見かけるマムシの色と違います。
体全体が赤い「赤マムシ」です。まだ子供ですが、攻撃性は一人前の大人です。

十数年の前、近くの山にキノコ取りに言った時、始めてこの「赤マムシ」を見たことがありますが、その後何度か遭遇したマムシはもっと黒ずんでいました。この子供マムシの色はその時のマムシの色です。

これまで当地ではシマヘビ、アオダイショウ、ジモグリ、ヤマカガシなどに比べ、野山でも殆どマムシは見かけなかったのですが、庭掃除中に我が家の庭で遭遇するとはビックリです。
マムシは他のヘビに比べて暖かい居住場所を好むと聞いていましたが、この辺も温暖化の影響で冬の降雪も殆どなく、一年中マムシが居住出来る環境になったのかもしれません。また、マムシは胎生ですので、近くに親マムシがいるのかもしれません。

かわいそうでしたが、マムシの急所の首を剪定バサミでチョッキン。直ぐに駆除させてもらいました。
(ああ!可哀そう。南無妙法蓮華経 !!!)




今日はここまで。
    Hartsfield の CH Divider 化の作業はなかなかすすみません。

USB DDI (X-mos)のI2S でつまづいています。

理由は簡単です。
アイソレーターICの2次側の 3..3V の入れ忘れです。
I2S 出力を直接DAC (PCM5102) に入れてのテストです。
今日1
こんな感じです。
電源基板と、DAI9211 のボードも一緒にありますが、右の USB DDI 基板のUSB端子にPC から信号を送り、中央のPCM5102 DAC で再生します。
簡単でくどいようなテストですが、一つひとつ基板の確認も大切なことです。

次回は USB DDI(X-mos) に DAI9211 ボードの接続をテストします。




朝の散歩
    今朝の散歩

今日もまだうす暗い5時前におじいちゃんに起されて、早朝の散歩に出かけました。
お日様が上ってくると、道路が焼けてくるので、いつもこんな時間に朝の散歩に出かけます。
近所にいるお友達の犬たちも皆早起きです。
今日も散歩の途中で、大ちゃん(私の子供に大ちゃん(しょういち君)がいますが、近所にいるのは同じ名前の盲導犬です。私の大の仲良しです)にも、また千君という私よりずっと大きな大型犬にも合いました。皆元気よくそれぞれのおじいちゃん、おねえちゃんと散歩していました。

9月8日 散歩1
やっとお日様が東の空から上ろうとしています。
朝早いので、まだ半分眠かったです。


9月8日 散歩2
いつもの遊び場所にきました。北鯖石のコミセンです。この駐車場と体育館の玄関が私とおじいちゃんの遊び場です。
ここに着くと先ずはリードを外してもらって、駐車場でおじいちゃんと”鬼ごっこ”します。
駐車場は大変広いので思いっきり走ります。
いつもおじいちゃんが”鬼”です。
おじいちゃんも私も全速力で、”はあ~ はあ~”と息が切れるまで追っかけたり、逃げ回ったりします。おじいちゃんは年取っているので、マラソンをするこの散歩コースが一番疲れるといいますが、私は走って、いっぱい遊べるのでこのコースの散歩が一番好きです。

鬼ごっこの後は一休みです。私はこの時美味しい砂ぎもとチーズなどのおやつを貰いました。

一休みして、今度はお目当ての欣子おばあちゃんに会いにいきました。

今日も欣子おばあちゃんは私達を待っていてくれるかな?。 

9月8日 散歩3
やっとおばあちゃんの家につきました。

「おばあちゃん、いるかな?」

いました、いました。今日も小屋の前で私たちを待っていてくれました。
おばあちゃんを見つけて、おばあちゃんのところにすっ飛んで駆け寄りました。
大好きなおばあちゃんに抱かれて、大満足です。おばあちゃんも大変嬉しそうに色々なことを話してくれました。
毎日ここで、おばあちゃんと暫らくの間遊んだり、お話したりします。時々帰るのがおっくうになり、ここでずっと欣子おばあちゃんと一緒にいたくなることもあります。それくらい大好きおばあちゃんです。

それでもおじいちゃんに諭されて、欣子おばあちゃんにバイ、バイの握手してお家にかえりました。
「欣子おばあちゃん 今日もありがとう、明日またきます。」

お家では本当のおばあちゃんが私達の帰りを待っていてくれました。