PCM1794 DAC
     PCM1794 dual Mono DAC のメンテナンス

今日まで快調に機能してるDACです。作製から随分経ちましたので、久しぶりにケースを開けて中を点検することにしました。
以前のことだったので、どのようにして作製したのかも忘れかけてしまいました。
作製物が完成したら、製作の過程で出会った色々のこと、どのようにして纏めたか、忘備録として作製記録を残しておくことの大切さを感じました。後のメンテナンスにこれが見つかると、作業が大変スムースにいきます。

このDACは我が家で2番目の再生システムで、Mac をメインとしたPCオーディオに組み込んでいます。
DACチップは最近のものではありませんが、なかなかどうして、再生音は最近のチップ使用のDACと比べても優劣をつけ難い位素晴らしいものです。今でも大切に使っていますが、近所のある友人は最近の”キンキラキン”の音より好ましいと言ってくれました。
これはトランスI/Vを使って、回路を簡略化しているせいかもしれません。

ケースを開けてみました。
DAC1-25.jpg

製作時とあまり変わりません。焼け焦げたようなパーツもみられません。
ただ一か所ハンダの盛が悪かったと思しき箇所がありますので、ハンダのやり直しです。
これでまた当分は故障知らずで稼働できそうですが、電源部をあまりにも簡素化しているので、これのみ作り変えたほうが良さそうでした。今回は見送りです。
DAC2-22.jpg

作業を終えてケース内外をハケ、ブラシを使って清掃、そしてケースの蓋をしておわりです。もとのあまり見栄えの良くない姿に戻りました。
DAC3-25.jpg

DAC4-20.jpg



ショウイチ、クロに会ってきました。
砺波市のショウイチ、富山市のクロに会いに行ってきました。

朝7時半ころ、出かける時は、今にも雨が降りそうな空でした。
北陸自動車道に入ると、今日は日曜日でもあり、行楽地に出かける車などで、普段より多くの車が走っていました。

最初10時半過ぎに砺波のショウイチに会うことができました。
大変元気がよく、私達を歓迎してくれました。当のフクはいつもにも増して車酔いしたのか、サッパリ元気がなく、車から降りようとしませんでした。また、ショウイチを見ても何も反応しません。むしろショウイチを避けているようでした。
時間が経つにつれ慣れてきたようで、前は自分の子供だったせいか、打ち解けるところも見られました。いつものフクと随分様子がちがいました。やはり、私の運転が悪かったのか、相当まいったようでした。
それでも、ショウイチに出会うと懐かしかったのか、傍により違っていたようでした。
s15-25.jpg

ショウイチはおじいちゃんが懐かしかったのか、早々にナメナメのご挨拶です。
s2-25.jpg

小さかったころを思い出して、おじいちゃんにお腹をナデナデしてもらって喜んでいました。
s3-25.jpg
M さん宅で美味しいお茶を戴き、また私達とフクにお土産をいただき、昼前に失礼をしましたが、フクも別れ際はつらそうにショウイチを見守っていましたが、ショウイチも別れが惜しそうにおじいちゃんに抱かれて私達を見送ってくれました。
少し悲しいお別れでしたが、また、会いにくるからね・・・・・・・・・・・・。
別れ際になって、やっとフクもショウイチもお互いに親子でいた頃の昔のことを思い出したようです。
sy1-20.jpg

sy2-20.jpg

sy3-20.jpg


市内でお昼をとり、今度はクロに面会です。
以前にもクロに会っていますが、この前に会ってからの成長ぶりが楽しみでした。
クロも私達をみつけるなり走っておじいちゃんのところに駆け寄ってきてくれました。
今までのことを覚えていてくれたようです。庭先でフクと遊びましたが、はじめは、ショウイチと同じく何か逃げ回ることが多かったです。
お茶を戴き、お土産も戴いて、2時半過ぎに失礼し、帰路に着きました。

この前会ってから、またまた大人になった、久しぶりのクロです。
k1-20.jpg

k2-17.jpg

k3-17.jpg

別れ際、フクお母さんと別れるのがつらいのか、私達の車に駆け寄り、別れを惜しんでいました。
k5-17.jpg

とうとう車に乗り込んできました。
k4-17.jpg
ショウイチも、クロも皆様にとても大切にされ、可愛がって育てていただいているおかげで、どこに出ても自慢できる大変立派な犬になりました。あらためて感謝します。ショウイチ、クロを送り出した私達も大変嬉しかった今回の旅でした。






露天風呂温泉旅行
雨飾高原温泉に行ってきました。

だいぶ気候も良くなってきて、無性に温泉に入りたくなってきましたので、露天風呂に入りにいくことにしました。
近くの妙高高原一帯には多くの露天風呂がありますが、今回は、妙高高原から笹ヶ峰キャンプ場を通り、乙見トンネルを越えて雨飾り温泉に通じる行程での旅行を計画してみました。

国道18号線の「笹ヶ峰」の標識を右折して、杉野沢部落にはいります。
ここから妙高国際スキー場、杉ノ原スキー場です。
部落を過ぎ、杉林の林間道路を抜け、妙高国際スキー場のゲレンデの中の道路を蛇行しながら登っていきます。眼下には野尻湖をはじめ上信越の山々、遠くに草津白根山、志賀高原、菅平なども望めます。
そして、また林間道路を走ると今度は遠望が開け、笹ヶ峰牧場が見えてきました。

この道路は笹ヶ峰に入るまでは、未舗装で道幅が大変狭く、斜度も急です。しかも牧場まで定期バスが運行していますので、途中バスとのすれ違いの時は、随分バックして、すれ違いの場所を確保しなければなりませんでした。

ここから妙高高原の笹ヶ峰から、乙見山峠(トンネル)を通って、小谷温泉に通じる道路は、トンネル内工事と、そこに通じる道路の土砂崩れ防止工事のため、この2年間通行止めになっていましたが、最近これが解除され通行出来るようになりました。

まだ少し紅葉には早かったですが、ここ妙高高原一帯は私の一番のお気に入りのスポットです。
大学1,2年生のころ、上越の大学に近いせいもあって、春の新緑から冬のスキーまで、一年中妙高高原に入り浸りの毎日でした。
笹ヶ峰牧場には、冬季間を除いて多数の牛の放牧が行われています。大変広大な草原が広がっています。
牧場があまりにも広いので、今回のように牧場の中の道路を車で通っただけでは、”お牛さん”の姿は見られませんでした。
素晴らしい遠望です。

やっと笹ヶ峰牧場に到着です。ここで一休みしました。
平日にもかかわらず、全国各地からの観光客で、駐車場もほとんど満杯になっていました。
笹ヶ峰-60


さあ出発です。これからが本番の峠越えです。
ここからまた未舗装の急な登りが続きます。振り返ると妙高の裏側まで見えてきました。また、遠く上信越の山々も望めました。
スライド2-60

道の途中、こんなおいしそうな、「山ぶどう」もありました。これらは山のケモノたちのごちそうです。
スライド1-60


乙見峠、乙見山トンネルです。
スライド3-60


トンネルを抜けて、峠の反対側に出ると、今度は北アルプスの山並みが見えてきました。すぐそこには、私も以前何回か登った”雨飾山”がみえました。
トンネル外-20

3-70

ここからは今度は急な下りです。笹ヶ峰の登りから、未舗装のジャリ道が続きましたが、もう少し下ると、舗装されたきれいな道路です。長く、曲がりくねった下り道を過ぎると、小谷温泉の雨飾荘が見えてきました。
ここから今来た道を振り返ってみると、遥か山の上の方にトンネルに通じる道がみえます。

       あんなに上の道を通ってきたんだ~!!。

やっと雨飾荘温泉宿前の広場にでました。
2


ここまでくると今回の目的だった露天風呂が待っていました。
露天風呂-2
妙高高原の温泉も素晴らしいのですが、ここの雨飾温泉の露天風呂がなぜか一番気に入っています。
温泉宿の温泉もいいのですが、このかけ流し露天風呂は深いブナ林に囲まれて何となく心和みます。

今日この風呂は私一人で貸し切りです。ゆっくりと温泉に浸ってきました。
近くに繋がれた愛犬フクも温泉に入りたいのか、クンクンないていました。

あまりにも気持ちがよかったので、車に着くなり、急に寝むけをもようしてきました。
後は家内に運転を任して、車中ぐっすり眠ってしまいました。





オーディオ倶楽部発表会
第27回妙高オーディオ倶楽部発表会

m6-35.jpg
秋の発表会に行ってきました。
先回の春の発表会に続き、今回も大変盛況で、其々の力作品の発表に感動してきました。

ステージ上にセットされた再生装置です。

ALTEC A7 をはじめ CDプレーヤー; STUDER A-730 とその他、ラインアンプはクラブメンバーの力作です。
クラブ会員の方々のご尽力で、この発表会も回数を重ねる度に皆様の関心度も上がっていくようで、これからが楽しみです。。
これから、もっと多くの方が参加されることを願っています。
私からもエールを送ります。

”妙高オーディオ倶楽部万歳!!”

m2-18.jpg

最後に参加された方々の力作の一部を紹介いたします。
m3-20.jpg

m4-25.jpg

m5-25.jpg

誕生日
   今日は私の誕生日です

今日9月11日は 私の 誕生日です。満3歳になりました。私の犬名は ”汐風姫号”と言いますが、おじいちゃんがつけてくれた ”フク”の名前の方が分かりやすくていいです。、
私のお父さんの名前は ”春宝号” といい、お母さんの名前は ”夢花姫号” といいます。群馬県の犬舎で生まれました。

そして、この春生まれた子供たちも、ちょうど6ヶ月目の誕生日です。
6ヶ月前の今日、3月11日に子供たち6頭が生まれました。私と子供たちの誕生日は同じ11日です。何か11日という日は特別のような気がします。

先日まで大変暑く、食事も食べたくない日もありましたが、最近は食事もおいしく食べれるようになってきました。
今日は誕生日で、随分と涼しくなって、食欲もすこしずつ出てきたので、おばあちゃんは、野菜とお肉たっぷりの ”特別おじや” を作ってくれました。また、夕方の散歩の時、おじいちゃんからも、美味しいオヤツを貰ってたべました。
これでまた、「夏やせ」 どころか、「夏太り」で、「ブクブク」になるかな? ・・・・・・ だんだんおじいちゃんのお腹に似てくるかな?。
子供たちは何かお祝いしてもらっているかな~?。

fuku.jpg今日の私です。大変太っていて貫禄がありますが、少し恥ずかしい写真です。