FC2ブログ
梅の木
.             梅の木の移植

今年の春、梅の実を収穫した直後に、剪定と根回しをしましたが、今日はこれの掘り取り、移植作業をしました。
そんなに大きい木ではありませんが、ここ3年前くらいから我が家で消費する量の実を収穫できるまでになりました。

先ず、① 新たに植え付けする場所に、根鉢の大きさを予想した大きさの穴を掘ります。直径1.3m、深さ40cm位。年老いた私にとって、大変な重労働です。

② 次に、春根回ししておいた目的の梅の木の掘り取りです。根回ししておいた線よりわずか外側をスコップで掘り起こします。
この時、発根状態も確認しながら、発根した根にキズ付けないように作業します。
根鉢の周りを、十分深く、大きく掘り上げます。
梅10

③ 次のこの段階は、私だけが行う、今回だけの作業かもしれません。
梅の木の中間の高さ付近に布スリングをかけ、もう一方を近くの大木に掛け、両者のスリングの間にチルホールをかけます。
これでチルホールを引くと、海の木はうまく横倒しになります。
この状態で、根鉢の底面についている粘土を、根にキズ付けないようにきれいに落とします。根気のいる作業ですが、これをしないと、梅の木の移植元の土壌と、移植先の土質が異なると、これからの発根状態が著しく悪くなり、最悪の場合枯れてします。根鉢の水分乾燥の少ない、この今の時期に限り通用する重要な作業です。
また、この作業は根鉢の土を最小限にし、根鉢の重量を3~5分の一にするため、重機を使わず、人力だけで相当大な樹木(落葉樹)を移動することが出来る手段です。

④ 軽くなった根鉢を転がしながら、元の根穴から、新天地の根穴まで運びます。私と家内2人で1時間位の作業でした。
梅20

⑤ 新天地の根穴に入れた梅の木の方向、木の上下を確かめて、根鉢穴に水を入れながら根鉢を土で埋め戻します。あと、水がめを作り、支柱をして終了です。
梅6

梅5


今日のフクです。
フク3
朝おじいちゃんのするラジオ体操に大変興味があります。

フク2
今日もまたオヤツのおねだりです。




ブドウの挿し木
近所の大農さんから、ぶどうの剪定あとの枝を戴いてきました。

近くの大農さんは、文字通り全ての農作物で”大農”です。
稲作は勿論、広大な畑ではいろいろの野菜を栽培しています。そして、大きなハウスの中で何種類かのぶどうも栽培しています。

朝夕のフクの散歩コースで、無人販売もしているそのハウスの脇を通りますが、先日も散歩でここを通った時、収穫を終えたあとのぶどうの木を剪定したあとの枝がハウスの中にあるのを見つけました。早速その中で、スチューベンとマスカットの2種類の剪定枝を貰ってきました。

ぶどうの挿し木に挑戦
随分前に、何も経験、知識のないまま、山ぶどうを挿し木にしたことがあるのですが、その時はいとも簡単に発根できた記憶があります。
インターネットなどを検索すると、「ぶどうの挿し木時期は3月以降、暖かくなり始めのころ」とありますが、今回は戴いてきた榾木は大きかったので、これを数等分に分け、降雪の前の今の時期と、来春まで保存しておき、来春に挿し木する2通のグループに分けて試してみることにしました。
また、挿す場所も、庭に置いたプランターに、そして、畑に直接にと分けて試してみることにしました。

今日は、
① 降雪前、プランターに挿し木と、
挿し木1

② 挿し穂を、散水した畑に挿し木しました。
ぶどう 畑

また、
③ 来年の分は、挿し穂を十分濡らした新聞紙でくるみ、ビニール袋に入れて庭の流れの橋の下に置きます。これからの寒い環境にさらします。
挿し木2

今日の作業はここまで。来春はどのようになりますか?。まだ、この続きの作業があります。


今日のフクです。
フク1
おばあちゃんにオヤツをねだっています。
フフ4
今日のお昼寝は大好きなトナカイ君と一緒です。





冬囲いも終了しました。
    今日で今年の冬囲い作業は終了

例年この冬囲い作業の時期は雨降りの日が多く、作業は手間取って大変苦労するのですが、今年は割合天候に恵まれたので、去年の半分位の日数で作業は無事終了しました。
しかし、暖冬のせいか我が家の庭は、まだ紅葉が見ごろです。モミジ、カエデ、シャラ、ヤマボウシをはじめ、ウラジロ、アズキナシなど多くの落葉樹が一斉に色づいて見事です。冬囲いするのは勿体ないくらいで、もう少し庭を楽しみたい気持ちもありましたが、これから来る”木枯らし”の中の作業を思うと、これ位で作業を終了できて良かったと思います。
今年は初夏から初秋にかけての猛暑で、衰弱した木々もありましたが、懸命の散水のかいがあったのか、木々たちは見事に色づいてくれました。

天気:曇り後夕方頃から雨 雨の前に作業が終わってよかった。

これから、木々の落葉の状況を見ながら落ち葉清掃、池・流れの掃除、木々のせん定作業、庭木の植え替えなどを予定しています。

サトイモ
サトイモの収穫

今年も11月になりましたので、サトイモの収穫作業をしました。
今年の夏の異状高温・日照り・降雨不足で、どの家庭でも不作のようです。春先に目出し管理をして5月に畑に定植しましたが、その後、降雨がなく、日照りが続いたため、苗の生育不良で半分は枯れてしまいました。
ようやく9月になって降雨があり、生き残った苗が息を吹き返したようですが、時すでに遅しでその後の生育には間に合わななかったようです。例年の半分位の収穫量でした。
s3.jpg畑からの収穫まま、家の犬走に並べてみました。

s1.jpg親イモの株から外したサトイモのコイモ

s2.jpg子イモを外した親イモだけ

一般にスーパーなどで販売されている「サトイモ」は小イモだけです。この親イモを食べる習慣はないようです。
しかし、我が家では昔から親イモも小イモと同じように食べてきました。味も悪くはないと思います。むしろ、こちらの方が美味しいかもしれませんが、畑から掘り起こしてから日持ちがしません。すぐぽくぽくになって味が落ちます。

1ヶ月は日持ちがしますので、この親イモだけ食べてみたいとの希望がありましたら、少量でしたらご希望に添えるかもしれません。コメント覧からお知らせ下さい。
(準備した予定数量に達しましたので、終了します。)

フクがいません。
         さて、フクはどこ? 脱走?。

早朝5時前に目が覚めて、仕事部屋に行って戻ってくると、いつも玄関内のベッドで寝ているはずのフクの姿がありません。
玄関で寝る時は、いつもリードを外しているので、家の各部屋への出入りは自由です。
さて、どこへいったのやら?!!。
画像2


いつもこんな様子で眠っているのですが、・・・・・・
画像3

いました! いました。
たった今まで私が寝ていたフトンにちゃっかり入って眠ろうとしていました。
画像4

私たちが居間のコタツで横になっていると、そのすぐ側に来て寝ようとします。
フクは自分が犬であることを忘れて、人間として家族の一員であるとの認識のようです。
画像5
確かに今の私達老夫婦2人の生活の中に、フクは家族の一人としてすっかり定着してしまいました。
何時でも、何処へ行くにも、フクの存在があります。