AK4495DM D/A 完成
電源を含めたAK4495DM DAC が完成しました。

3枚のボード-20
 3枚のボード。 左より、1段目、2段目、最上部のボード。

今まで電源トランス、各種電源基板、AK4495 DM 基板などバラバラの状態でした。この状態でも一応のD/A としては機能し、各基板の改良・実験には便利に使用できますが、オーディオ機器としてシステムを組み込むのには不便でした。

今回、一通り電源を含めたD/A コンバーターとして一つの筐体にしてみましたが、あまり見た目の良い出来ではありません。
忘備録としてまとめてみました。

全体は先日も記しましたが、3階建て構造です。

一番下段ボードは、トロイダル・トランス( RS コンポーネンツ 671-9075 一次115v ×2 2次9v ×2 30w)1個と、EIコアの 9v 1A、トランス1個を搭載しました。
トロイダル・トランス1個でAK4495基板上に全ての電源を供給します。9V×2全波整流回路基板、コンデンサー平滑基板、リングコア使用チョーク平滑基板などやや大げさ過ぎたかもしれませんが ・・・・。
第二のEIコアトランスは 9v 1Aの容量で、将来 JItter Cleaner を組み込む予定のものです。
また、AC 100V 入力側には、簡単な AC Line Filter を入れてみましたが、どんなものか効果の程はわかりません。気休め程度かな ? ・・・・・・。

中間のボードは、AK4495 基板に供給する、アナログ5V 2組、デジタル 3.3V 2組み、Xmos DDI 3.3V 1 のそれぞれの定電圧電源回路基板、と、Jitter Cleaner 用の整流、平滑回路基板を載せています。

最上段のボードには、写真のとおり、AK4495 DM 基板、その制御基板と、差動出力のトランスなどです。

画像2-1-25 完成した3階建て構造の AK4495 DM D/A コンバーター。



DAC AK4495DM 電源 
やなさん A/D 基板 AK4495DM を、電源を含めてUSB入力A/Dコンバーターとしてまとめることを考えてみました。

全体の電源を含めたA/D コンバーターの構造は、ボード3階建て構造とし、一番下のボードが今回製作中の電源ボードです。
このボードは、AC100V入力で、簡単なAC Line Filter( AC SWなどと共に、簡単なアルミケースに収めた)、電源トロイダルトランス1個、EIコアトランス1個、他にAK4495チップのアナログ5V×2のAVR 基板を配置します。

2段目のボードがAK4495DM 基板の残りの電源 3V×2組、 Xmos DDI の3V のAVR 基板、そしてJitter Cleaner 用8V 1A AVR を組みます。

3段目に先に紹介したA/D コンバーター・ボードが乗ります。A/Dコンバーター全体としてはちょっと大がかりなものになりました。


以上が全体の構想です。
本日はここまで。後日完成写真をアップします。




DACからのXLR出力
-30.jpg
AK4495DM DAC からの出力をXLRに替えてみました。

 素晴らしいですね。今まで私が所有してきた市販のCD Player 、デノン DSD-S1, TEAC VRDS-25, Accphase DD-77 でもXLR接続で試聴しましたが、これ程の変化は感じられませんでした。 
いや~参った、まいった!!!。

昨日までラインアンプの入力は全てRCA の非平衡接続でしたが、これからは全てXLRの 平衡接続に替えたいと思います。
これは、ファインメット・ライン・トランス TLT1010 を差動磁気合成としたことが大きな要因と考えられますが、それにも増して、このトランスはライントランスとして、すこぶる優秀です。


ところで、ここでシステムにトラブルが発生しました。
このシステムの音源はiMACから取り出していますが、この iMAC にトラブルです。
本体から「ザーザー」というノイズ?、騒音です。内部 SP および、USB を通した SP 出力からではなく、本体から直接でています。
先日これと全く同様のトラブルで修理にだしましたが、その時は故障などではなく、システムその他のバージョンアップでこのノイズはなくなったのですが、今回また同様のトラブルです。
私は MAC を使いはじめて間もないので、この対処方法が分からず ・・・・・・・・・・・ 「SOS」 です。
お恥ずかしい話です。



AK4495DM DAC基板
前回はAK4495DMの基板を製作しました。
今回は、そのDAC基板の周辺回路を検討し、基板のインターフェスを含めて完成します。

AK4495 DAC とトランス-30
この基板を使ってDACとして、PCからUSB経由で音楽ファイルを受け取り、アナログ出力することをやってみました。

全体の構想について
PC (MAC)からのDigital Sig.はUSB ケーブルより、XMOS DDIボードに入り、I2S信号に変換されて、やなさんAK4495DM DAC( Dual Mono )基板に入ります。ここからの差動電圧出力は、TLT1010 I/V トランスで差動合成されて、アナログ信号として出力されます。
完成したやなさんAK4495DM基板(チップはAK4495SEQ)
TLT1010  ファインメット I/V トランス
デジタル音量調整用Volume !0KΩ
AK4495 DAC 動作確認用LCD表示器と、マルチファンクション動作の時に必要となるロータリー・エンコーダー
平衡出力用XLRコネクタ、非平衡RCA コネクタ など


AK4495DAC-1-25.jpg
一枚のボード上にこれらのパーツを配置した様子。出力コネクタ XLR, RCA コネクタはアルミのL-型チャネルに取り付けてみた。USB DDI ボードは DIYINHK Xmos 384K 。
こんな感じでどうかな?。


AK4495DAC 完成-25
配置決定、配線の終了したボード。電源配給基板には将来のマルチファンクションのロータリーエンコーダーも配置してある。
なおこの時点では出力はRCAのみ。

DAC ウラ-25
やなさんAK4495 DAC 基板ウラ、FBビーズの取り付け。

dac-20.jpg
動作確認終了。無事音出しできました。

今回はAK4495 EQL より R, L 信号を直接取り出し、 TLT1010 で差動磁気結合をしてみました。
う~んこちらのほうが楽器一つ一つの分離が素晴らしく、音ににじみがずっと少ないく、気持ち良く聴けます。

これからの予定は、DDI ボードと DAC の間に JItter Cleaner を入れることを考えてみます。





室内犬フク
室内犬1-30
今年の夏は異常に熱い日がつづきます。
日中は暑くて外に出ることができません。今日から室内犬になりました。

台所、居間はクーラーがきいていて大変居心地がいいです。

室内犬-25
おじいちゃん、おばあちゃん、カイ君とそろって食事の時は私もイスに乗って、お裾分けしてもらいます。